美しくなりたいあなたの追い風に~脱毛・シミ取り専門サイト

beauty wind

シミ

シミ取り後のダウンタイムはどれくらい?【治療方法別に詳しく解説しています】

シミ取り後のダウンタイムはどれくらい?効果を高めるポイントも解説

https://beauty-wind.net

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

加齢とともにいつの間にか登場してしまうシミ、本当にイヤですよね。
「市販の化粧品ではなくクリニックで早く確実にシミを消したい!」
と考えている人も多いと思いますが、気になるのがシミ取り後のダウンタイム。

シミ取り治療後しばらくは傷や炎症が起きるとなると、日常生活への影響を考慮しないといけません。
また、シミ取り後のダウンタイムにおきた症状が治らなかったら……と不安もなることもあるでしょう。

そこで今回は、シミ取り後のダウンタイムについて治療方法別に解説します。
自分の生活に合ったシミ取り方法を選ぶための参考にしてください。

ダウンタイムとは?

美容クリニックでの治療を初めて検討する段階では、ダウンタイムという言葉自体が初耳ですよね。
ダウンタイムとは、「美容クリニックやエステサロンで治療や施術を受けてから、肌の状態が元の状態へ戻るまでの時間」のことです。

「肌の状態が元に戻るってどういうこと?」
「シミ取りはレーザーでジュッと焼けば終わりらしいけど、一瞬で消えるんじゃないの?」

と思うかもしれません。
しかし治療・施術によっては一時的に腫れ・かさぶた・アザ・炎症などが起きることがあります。
そして、それらの症状が消えるまでの期間を「ダウンタイム」と呼ぶのです。

シミ取りのダウンタイムは、方法によって違う

残念ながら、シミ取りでもダウンタイムのある方法があります。
その症状や期間について、治療方法別にご説明します。

レーザー治療

レーザー治療は、レーザー光を照射してシミを形成しているメラニンを破壊する方法です。
最新のレーザー治療では痛みは少なくなっていますが、肌は一定のダメージを受けます。

  • ダウンタイム:約1~2週間
  • 治療後のメイク:施術部へのメイクはテープの上からになることが多い

レーザー治療後は、いったんかさぶたになります。
かさぶたが剥がれて新しい皮膚が出てくるまでは、照射部に軟膏を塗りテープを貼って保護するためメイクはその上からになります。
かさぶたが剥がれるまでの期間は個人差がありますが、おおよそ1~2週間。
新しい皮膚にはシミはありませんが、周囲の皮膚と違和感なくなじむまでには数ヶ月かかることもあります。

テープを使わないクリニックもある

顔などにテープを貼らず、医療用コンシーラーで保護する方針のクリニックもあります。
クリニックの方針にもよりますが、24時間後もしくは2~3日後からメイクが可能です。

炎症後色素沈着になることがある

シミ取り後のダウンタイム炎症後色素沈着イメージ

ダウンタイムとは言えないのですが、かさぶたが剥がれたあとに数ヶ月から1年ほど色素沈着することがあります。
傷やヤケドが治ってもしばらく痕が消えないことがあるのと同じで、しみを消せなかったわけではありません。
いずれ消えるとはいえ見た目はシミなので、傷が残りやすい人は特にそのリスクも認識しておくことをおすすめします。

光治療

フォトフェイシャルとも呼ばれる方法で、レーザーとは違った種類の光を広範囲に照射する方法です。
メラニンだけでなく赤い色素にも反応するので、シミにも赤みにも効果があります。
シミ取りという意味では、レーザーほどの即効性はありません。

  • ダウンタイム:ほとんどないが、シミ部分が小さなかさぶたになることがある。
  • 治療後のメイク:可能

とはいえ、医療機器の光を浴びるので肌は敏感な状態になります。
施術後しばらくは日焼け止め等UVケアや保湿を徹底してください。

※ダウンタイムのない光治療(フォトフェイシャル)とは?

ケミカルピーリング

グリコール酸などの薬剤を使い、古い皮膚(角質)を剥がしていく方法です。
古い皮膚を取り除くことで肌の新陳代謝を促進し、メラニンを排出しやすくします。
光治療の効果を高めるためにセットで行うことが多いです。

  • ダウンタイム:ほとんどなし
  • 施術後のメイク:可能

肌を剥がす治療なので、人によってはピリピリしたり赤みが出たりすることもあります。
また、メイク時にポロポロと角質が剥がれてくることがあるかもしれません。
直後または数時間後からメイクOKのことが多いですが、オイルクレンジングやリキッドファンデーションはせっかくのピーリング効果を妨げてしまうので避ける方がいいでしょう。

外用薬(ハイドロキノン・トレチノイン)

メラニンの生成を抑えるハイドロキノンやメラニンの排出を促すトレチノインを使用し、外用薬でシミ取りする方法です。
ハイドロキノンは市販の化粧品にも配合されていますが、クリニックではハイドロキノンの濃度が高く改善効果が高いクリームが処方されます。

  • ダウンタイム:2~3日目から赤みや角質の剥がれが起きる
  • 塗布後のメイク:可能

塗り薬ならダウンタイムはないだろうと思いがちですが、シミ部分が赤くなったり皮が剥がれてきたりします。
メイクは可能なので赤みを隠すことはできますが、反応がひどいと感じたら医師に相談して診療を受けることをお勧めします。

光エステ

光フェイシャルとも呼ばれる方法で、エステサロンで受ける施術。
光治療と似ているのですが、こちらは医療機器ではなく美容機器なのでパワーは弱めです。

  • ダウンタイム:ほとんどなし
  • 施術後のメイク:可能

ごくマイルドな光とはいえ、UVケアと保湿を徹底してください。

施術後の過ごし方が鍵!

ダウンタイムのある・なしにかかわらず、シミ取りの治療や施術を受けたあとの肌は敏感です。
敏感になっている肌の保湿を怠るとさらに肌は弱りますし、弱っている肌が紫外線を浴びると身体は肌を守るためにメラニンを作ろうとします。
つまり、せっかくシミを消しても、アフターケアしなければまたその部分にシミが作られてしまうということです。
ダウンタイムがない方法を選んでも油断せず、毎日のケアを続けてくださいね。

関連記事
シミ取り後すぐの化粧はOK?施術後のメイクの工夫も紹介
シミ取り後すぐの化粧はOK?施術後のメイクの工夫も紹介

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 見て見ぬふりをするのが限界になってきたシミ。 「くよくよ気にしているより美容クリニックでやっつけてしまいたい!」 と考えている人は多いでしょう。 ただ、「シ ...

続きを見る

関連記事
シミの種類はひとつじゃない!種類別のベストなシミ取り方法とは
シミの種類はひとつじゃない!種類別のベストなシミ取り方法とは

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 30代半ばごろから、少しずつ増えてくるシミ。 「ちょっと肌の状態が悪いだけに違いない!」 「光の加減でシミに見えてるだけかも!」 と見て見ぬふりをしたくなり ...

続きを見る

-シミ
-

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.