脱毛

ピル服用中に医療脱毛はできる?色素沈着など気になるリスクを解説

医療脱毛は痛い?エステは痛くない?痛みのメカニズムを知れば安心

副作用の少ない低用量ピルの普及で、ピルを服用する女性が増えました。
避妊目的というイメージはもはや薄く、いまでは月経前症候群(PMS)・月経困難症・子宮内膜症などの症状軽快のための薬と認識されています。

とはいえ、ピルはホルモンバランスをコントロールする薬。
美容クリニックやエステサロンでの施術に影響を及ぼさないかどうか、不安に感じている人もいるでしょう。
色素沈着する、毛が濃くなる、という怖い噂も耳にしますね。

そこで今回は、ピルと脱毛の関係をきちんと整理しました
ピル服用中の方の疑問や不安を解消できるよう、詳しく説明します。

ピル服用中に脱毛はできる?

まず、いちばん気になる本題から始めましょう。
「ピル服用していても脱毛できるのか?」についてです。

美容クリニックでの脱毛

ほとんどの美容クリニックでは、医療レーザー脱毛・光脱毛にかかわらず低用量ピルを服用していても脱毛はOKです。
ピルの服用が脱毛の効果に影響を及ぼすことがないためです。

しかし、ピルを服用していることは事前に必ず伝えなくてはなりません。
万が一のトラブル時、申告していない薬を服用していたことがわかると必要な補償が受けられない可能性があります。
※高用量ピル・中用量ピルの場合は施術できないこともあります。

エステサロンでの脱毛

美容クリニックと同様、ほとんどのサロンで低用量ピル服用中の脱毛が可能です。
もちろん、サロンであってもピル服用は申告してください。
ただ、エステサロンには医師が常駐していないため、万が一のトラブルに備えて「薬の服用中は一律NG」としていることがあります。ピルを例外としていない場合は、脱毛できません。
※高用量ピル・中用量ピルの場合は施術できないこともあります。

念のため、婦人科の医師にも確認を

美容クリニック・エステサロン側がOKでも、ピルを処方している医師の許可が出なければ脱毛はできません。
ピルと脱毛は無関係でも、治療中の病気との兼ね合いで脱毛できないこともあります。
ダメと言われたら……と思うと面倒で不安になりますが、必ず確認しましょう。

ピル服用中の脱毛で色素沈着や増毛化する?

クリニックやエステサロンが禁止していないとはいえ、「色素沈着する」「毛が濃くなる」という話は気になるところ。こちらの真偽はどうなのでしょう?

ピルにも脱毛にも色素沈着リスクがある

ごく稀なトラブルですが、脱毛リスクのひとつに色素沈着があります。
レーザーや光の熱で炎症を起こし、一時的に色素沈着してしまうメカニズムです。
一方、ピル服用でホルモンバランスが変わることにより色素沈着や肝斑(シミの一種)が悪化するケースもあります。

つまり、「ピル服用中に脱毛したせいで色素沈着する」というのは間違い。
ですが、色素沈着リスクのある条件が2つになるため、「ピル服用中に脱毛すると色素沈着する確率が少し上がる」というのは本当です。

増毛化・硬毛化のリスクもなし

医療レーザー脱毛や光脱毛で稀に発生するのが、毛が増えたり太くなったりする増毛化・硬毛化。

ピルにより女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが変わることで、服用前と比べて産毛が濃くなる人もいれば、薄くなる人もいます。しかし濃くなるケースであっても、脱毛によりそれが促進されて増毛化・硬毛化することは考えられません。
逆に、ピルの作用で産毛が薄くなっていたケースでは、服用をやめると毛が濃くなり「増毛化!?」と心配になることがあるかもしれません。

関連記事
医療脱毛で毛が濃くなるって本当?硬毛化と増毛化の原因と対処法
医療脱毛で毛が濃くなるって本当?硬毛化と増毛化の原因と対処法について

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 脱毛することにより多くの方が、明るく快適な日々を送ることができるようになります。 ですがごく稀に、何かしらのトラブルが起こってしまうこともあります。 たとえ ...

続きを見る

問題は、トラブルの原因がわかりにくくなること

ピル服用中に色素沈着や増毛化・硬毛化が起こった場合、その原因がピルなのか脱毛なのかきちんと特定できるとは限りません。つまり、もしものトラブル時にクリニック・サロン側と意見が対立してしまう可能性があります。トラブルのリスク自体は低いですが、懸念事項ではあるでしょう。
ピル服用の目的が避妊だけという方は、脱毛期間中はIUD(子宮内避妊器具)やIUS(子宮内避妊システム)といった別の避妊方法に変えるという選択肢もあります。

ピル服用中の脱毛、本当に大丈夫?

脱毛っていくらかかる?

色素沈着や増毛化・硬毛化は見た目の問題なので深刻ですが、身体内部への影響がないかどうかも気になりますね。
いままで説明してきたように、ピルと脱毛は直接関係がないので大きな心配はいりません。

服用開始すぐの脱毛は避けよう

但し、ピル服用を始めたばかりの時期はホルモンバランスがまだ安定していません。
また、どんな副作用が出る体質なのかもわかっていません。
充分な脱毛効果が得られない可能性があるだけでなく、思わぬトラブルのリスクもありますので、脱毛に通い始める時期は主治医と相談してください。

また、すでに脱毛に通っている方がピル服用を始めるケースもあるかと思います。
その場合も、服用を始める前後の脱毛スケジュールを主治医やクリニック・サロンと相談しましょう。

脱毛中にピルをやめる場合は?

脱毛期間中に婦人科の治療が終わり、ピル服用が終了することもあるでしょう。
薬をやめるから脱毛できない、なんてことはもちろんありませんが、ピルをやめると生理が始まります。
生理中は脱毛を非推奨(VIOは不可)のクリニック・サロンが多いですし、妊娠すると脱毛通いは中断せざるを得なくなります。
脱毛が予定通り完了するよう、スケジュールを考え直す必要があります。

まとめ

ピルと脱毛には、ほとんど関係ないことがわかり、安心していただけたでしょうか。
生理中や妊娠・授乳中は脱毛できないクリニック・サロンが多いため、「ホルモンバランスをコントロールするピルもダメ」というイメージが付いてしまっているのかもしれません。
ピルについて、そして脱毛について正しい知識を持つことで不安は解消されます。
ピルで身体を整えながら、安心して脱毛に通ってくださいね。

-脱毛

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.