美しくなりたいあなたの追い風に~脱毛・シミ取り専門サイト

beauty wind

脱毛

顔脱毛の範囲とは?気になるパーツを脱毛できるかチェック

顔脱毛の範囲とは?気になるパーツを脱毛できるかチェック

こんにちは。
ビューティウィンド編集部です。

美肌効果もあることで人気の「顔脱毛」ですが、「顔脱毛」の範囲は、額の周りや、アゴと首の境目、もみあげ周辺など……、ちょっとわかりにくいですよね。

また、顔には、目・鼻・口・耳などのさまざまなパーツがあるため、「口ヒゲが口のギリギリのところに生えている場合でもきちんと脱毛できるの?」「小鼻の産毛も脱毛できるの?」と、気になる毛をすべて脱毛できるのかも気になります。

そこで、顔脱毛の一般的な範囲と、脱毛できないパーツを詳しくまとめました。

顔脱毛はどこからどこまで

顔脱毛の範囲は、クリニック・サロンによって大きく異なります。

最も一般的な範囲は、

  • 頬(ほお)
  • 鼻下
  • あご

となっており、あご下や首、うなじは別料金となっていることが多いです。

顔脱毛ができないパーツ・状態

多くのクリニック・サロンで共通して脱毛ができないパーツ・状態もあります。

眼球周り

眼球にレーザー(光)が当たると視力に影響が出る可能性があるため、脱毛を受ける際は、目に※専用のアイガードを付けます。

そのため、眼球の周り(まぶた、下まつ毛近く、目がしら)は脱毛できません。
※水泳のゴーグルよりも小さく、締め付けるものではありません

粘膜

鼻の中、口の中などの粘膜部分は、非常に敏感な部位のため、基本的には脱毛できません。
口の中を脱毛したくなることはないと思いますが、鼻毛は難しいと考えてください。

ほくろ・シミ・ニキビなど

ほくろ、シミ、肝斑(かんぱん)、ニキビ跡などは、ヤケドしたり悪化したりする可能性があるため、その部分は避けることが多いです。
また、ニキビが出来ている部分は、レーザー(光)を当てることで、ニキビがひどくなる可能性があるため、脱毛できないわけではありませんが、避けることが多いです。

髪の毛

物理的には脱毛できないわけではありませんが、どこのクリニック・サロンも行っていません。

顔脱毛のパーツ

顔脱毛のパーツ

では、脱毛できない部位・状態のところはすべて脱毛できるかというと、それはクリニック・サロンによります。

特にサロンでは、そもそも顔脱毛を取り扱っているところが少なく、できたとしても脱毛できる範囲は限られています。

顔脱毛に含まれるパーツ
湘南美容クリニック 額、頬、鼻下、もみあげ周囲、あご、あご下
アリシアクリニック 額、頬、鼻下、あご、口下、首、眉毛、眉間
リゼクリニック 額、頬、鼻、鼻下、あご
レジーナクリニック 額、頬、鼻、鼻下、あご
ジェイエステ 額、頬、口周り、あご、フェイスライン
エピレ 額、頬、鼻下、あご、フェイスライン

これは有名クリニック・サロンでの顔脱毛に含まれるパーツをまとめたものです。

他にも、首やうなじがセットになったプランがあるクリニック、別料金で、耳、鼻毛(粘膜部分は除く)脱毛ができるクリニックもあります。

額・頬

「額」と、「頬」は、通常どこのクリニック・サロンでも顔脱毛に含まれるパーツです。
額の髪の毛との境目はどの辺りまで脱毛するか、前もって相談しておくとよいでしょう。

脱毛したい範囲まで、しっかりシェービングをして「ギリギリのところまであててください」と当日の施術者に伝えるとお互いわかりやすいのでおすすめです。

頬は、肌トラブルがなければ全体に照射可能です。

眉毛・目の周り

目の周りは脱毛不可ですが、目の際すぎない目尻であれば照射可能です。
ただし、まぶた・目頭辺りは照射できません。

眉間は、ある程度幅があるのであれば額に含まれる場合もあります。

眉毛は、髪の毛と同じく脱毛不可とするクリニック・サロンが多いですが、中には脱毛可能なクリニックもあります。

また、額との境目(眉下・眉尻ではなく眉の上側)であれば照射可能なクリニックもあります。

鼻毛・小鼻の周り

クリニックでは、小鼻の脱毛も可能ですが、サロンでは含まれないことが多いです。

鼻毛は粘膜部分の手前までなら、別料金で脱毛可能なクリニックもあります。

鼻下を脱毛する際、鼻の下を伸ばして照射するので、鼻の入り口すぐそばであれば、鼻下の脱毛時に脱毛できる場合もあります。

もみあげ

もみあげは髪の毛に含まれるため脱毛できません。
しかしもみあげ周辺(頬側)の産毛であれば「頬」に含まれることもあります。

ヒゲ

顔のムダ毛で一番気になる人が多いパーツが「ヒゲ」です。

鼻の下、口の下、口角のギリギリのところなど、脱毛が難しい部位ではありますが、頬を膨らませたり、鼻の下をのばしたりと、角度を変えながら照射するので、ギリギリのところまで脱毛可能です。

あご

あごは、通常どこのクリニック・サロンでも顔脱毛に含まれます。

しかし、正面から見えないあご下は、顔脱毛ではなく「首」として分けているクリニックもあります。

サロンであれば、フェイスライン(正面からみえない頬の横・あごの下)は顔脱毛に含まれます。

契約前に範囲を確認

顔脱毛は、クリニック・サロンによって脱毛範囲が大きく異なるため、よく調べずに契約すると、「一番気になるパーツが脱毛範囲外だった!」なんてことになりかねません。

顔脱毛にも、基本パーツのみの顔脱毛、首・うなじを含めた顔脱毛など、コースを選べるクリニックもありますし、気になるパーツ(頬だけ、鼻下だけなど)を選んで脱毛することも可能です。

まず、脱毛したいパーツが顔脱毛に含まれているかをよく確認しましょう。

-脱毛

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.